皮膚表面に出る病気

女性

検査等を行ってのメリット

いぼはとは、皮膚の表面に小さな突起物が発生したような病変で、疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれますが、ウィルスが原因のものと加齢による老人性疣贅に分けることができます。ウィルス性の疣贅と老人性疣贅では治療方法に大差はありませんが、ウィルス性の疣贅に関しては治療に際してウィルスが周囲に拡大しないよう注意が必要です。次に、いぼ(疣贅)の治療方法について説明します。まずは、病変細胞を破壊する方法です。この方法には、液体窒素凍結方式、電気凝固焼灼方式、レーザー方式があります。液体窒素凍結療法は、液体窒素により病変細胞を凍らせて破壊する方法です。また、電気凝固焼灼方式は病変のある部分を局所麻酔をした後に、電気によって病変細胞を破壊する方法です。レーザー方式はCO2レーザーで病変細胞を蒸散する方法です。次に、ぬり薬による治療法を説明します。いぼに使われるぬり薬には、サリチル酸、グルタラール、モノクロロ酢酸、SADBE、硝酸銀、ビタミンD3軟膏などがあります。サリチル酸には角質を軟らかくする効果があります。グルタラールは組織蛋白を凝固させ、モノクロロ酢酸はウィルスのDNAを破壊して殺菌する働きがあります。SADBEは人工的にアレルギーをおこさせる物質で、いぼに対する人体の免疫を強化し、硝酸銀はウィルスの活動を抑える働きがあります。ビタミンD3軟膏は、いぼの表皮が厚くなる症状を改善します。外に、飲み薬を使うこともあります。飲み薬のヨクイニンはハトムギからつくられる漢方薬で、ウィルスに対する免疫力を高めると考えられています。いぼ(疣贅)の治療法について、メリットや施術を受けた場合の実情などを説明します。クリニック等でいぼの相談すると、多くの場合、液体窒素凍結方式が検討されます。液体窒素凍結方式は、細胞組織を破壊する方法なので、少々怖い印象を受けますが、保険適用となる療法なので費用負担の観点からはメリットがあります。また、同じく病変部の細胞組織を破壊する電気凝固焼灼方式にも保険が適用となります。しかし、これらの療法にはデメリットもあります。液体窒素凍結方式には施術中に痛みがありますし、一回の治療で終了しない場合が多いです。電気凝固焼灼方式については、麻酔を注入する際に痛みがあります。一方、レーザー方式の治療については保険適用とならず、高額な費用がかかる点がデメリットですが、疣贅をきれいに取ることができますのでこの点はメリットといえましょう。また、軽い症状の疣贅には、ぬり薬と飲み薬による療法が効果をあらわすことがあります。ぬり薬、飲み薬による療法のメリットは痛みがないことと、費用を抑えられる点があげられます。そのほか、具体的な施術に収まらないメリットとしては、クリニック等でいぼの検査をすることにより、数は少ないながら皮膚がんがみつかることがあります。疣贅のなかにはガン化するものがあり、検査によって重大な病が判明することもあります。このようなケースは大きなメリットがあったといえるケースでしょう。さらに、疣贅は重篤な症状ではないと見なされて軽く扱われることが多いですが、顔や首などに疣贅ができた場合には、他人と関わることが億劫になる方もおられます。このような方にとって、疣贅をきれいに取ることはその方の人生に大きなメリットをもたらします。

気になること

看護師

いぼにもウィルス性と非ウィルス性にわかれ、大人はだいたい後者になり、治療法もメスで切る、液体窒素を使う、レーザーの三種類あります。値段に関しては液体窒素が一番安く、次にメスで切る方法ですが、レーザーは痛みが少ないなどのメリットがあるのです。

詳しく見る

信頼できるかどうか

男性医師

美容クリニックでいぼの治療を検討する場合には信頼できる医師であるかということを判断する必要があります。患者目線で考えてくれているか、費用について事前に説明してくれるかなどをチェックする必要があります。

詳しく見る

レーザーで綺麗に取り除く

カウンセリング

いぼの治療を美容クリニックでと決めた場合、事前に病院の治療とは異なる点を知っておく事でリスクを回避する事ができます。信頼できる医師やクリニックに出会えたら施術を受けますが、美容クリニックではレーザー治療が主流になっています。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼの治療は美容外科におまかせ【レーザーで病変細胞を蒸散する】 All Rights Reserved.